• ホーム
  • 女性の薄毛は男性の薄毛とどう違う?

女性の薄毛は男性の薄毛とどう違う?

薄毛と聞くと、男性に多いというイメージを持っている人も多いでしょう。確かに薄毛で悩んでいる人は男性が多いですし、育毛剤なども男性向けの商品がほとんどです。ですが、実際には女性でも悩んでいる人はたくさんいると知っておきましょう。

同じ薄毛といっても、女性と男性では原因や進行の仕方に違いがあります。男性の場合は主に男性ホルモンが原因で発生します。男性ホルモンであるテストステロンが酵素と結び付くことにより、DHTという物質になります。この物質がヘアサイクルを狂わせることにより、髪の毛の成長期が短くなるということです。男性ホルモンは男性に多く見られるため、男性は体質的に薄毛が起こりやすいと言われています。

ヘアサイクルが乱れることで毛包がきちんと育たなくなりますし、どんどん小さくなるということです。これを毛包のミニチュア化と呼んでいます。毛包が小さくなることにより、しっかりした髪の毛を作ることも難しくなります。

女性にも男性ホルモンは存在しますが、薄毛の原因になるほど多いわけではありません。もともと女性ホルモンには育毛効果がありますし、男性のような薄毛にはなりにくいということです。また、髪の毛の抜け方にも大きな違いがあります。男性は一度抜けると新しい髪の毛が生えにくいため、禿げた部分が目立ちやすいです。しかし、女性の場合は特定部位の抜け毛が目立つということは少ないです。

ヘアサイクルの中の休止期に入る毛穴の数が増えるため、全体のボリュームが下がったように感じられます。進行するとさらに頭皮が透けて見えるようになります。ですが、毛母細胞の働きが完全に停止することは少なく、あくまで休止期の毛穴が多いという状態です。全体のボリュームは低下しますが、髪の毛が生えていない面積が拡大することは少ないでしょう。

女性の薄毛の場合、男性のように短い抜け毛が増えるといった症状はあまり見られません。しかし、毛母細胞の働きが低下すると栄養や酸素を運ぶ力が衰えるため、徐々に毛が細くなると言われています。髪の毛の太さが健康な状態の10~20%も低下するため、もともと毛が太めだった人でもかなり毛が細くなることがあるでしょう。

これの原因としては、加齢や過度なストレス、栄養不足、髪へのダメージなどが挙げられます。また、年齢を重ねるごとに女性ホルモンが低下するという問題もあります。女性ホルモンは髪の毛の健康に欠かせないものであり、減少すると抜け毛が増えやすくなります。ストレスや栄養不足もホルモンバランスの乱れを生じさせる原因です。

パーマやヘアカラー、負荷のかかる髪型をしている場合、髪へのダメージが大きくなります。髪形を変えてお洒落を楽しみたいという女性も多いかもしれません。しかし、お洒落な髪形は頭皮や髪の毛への負担が大きいこともあるので注意しましょう。

関連記事
【女性向け】おすすめ育毛シャンプー5選! 2020年05月20日

FAGAにはどのような育毛シャンプーが良いのか知りたいという人もいるでしょう。頭皮に優しい天然由来成分を使ったものや保湿力に優れた商品などを選ぶのがおすすめです...

【男性向け】おすすめ育毛シャンプー5選! 2020年04月13日

AGAで悩んでいる場合、おすすめの男性向け育毛シャンプーを使ってみると良いでしょう。低刺激にこだわったものやアミノ酸を配合したものなどがあるため、AGAを改善し...

発毛そのものを促進させるならミノキシジル配合のツゲインがおすすめ 2020年02月12日

AGA治療薬にはいろいろな種類がありますが、長期使用で発毛促進効果が期待できるツゲインが人気となっています。ツゲインはAGA治療薬として人気の高いロゲインのジェ...

AGAと似ているけど違う!脱毛症の種類と原因 2020年02月29日

薄毛の大きな原因としてAGAが知られています。しかし、薄毛の原因となる脱毛症には他にもいくつかの種類があります。AGAに似た脱毛症といっても細かい特徴は異なって...

AGA治療薬プロペシアのジェネリック医薬品をご紹介 2020年01月25日

AGA治療薬であるプロペシアの値段が気になるという場合、ジェネリック医薬品を利用すると良いでしょう。ジェネリック医薬品というのは後発薬のことであり、先発薬の特許...